コスパ重視で選ぶグランドコート

グランドコートの素材

グランドコートの素材

野球コートとも呼ばれる防寒着を、グランドコートと呼びます。グラコンと略され る事もあります。 厚手でもこもことしていて、保温性が高いのが特徴です。

野球における防寒着

野球は時間のかかる競技です。ベンチにいる時間が長かったりすると、身体を冷や してしまいます。風の強い日なども、例外ではありません。 身体が冷えてしまうと、パフォーマンスの低下に繋がるだけでなく、怪我をする危険性も増えてしまいます。 そんな時に活躍するアウターが、いくつかあります。

グランドコート

まずはグランドコートです。前述の通り暖かさ重視のアイテムとなります。ゆった りとしたシルエットが特徴であり、動きにくいのがデメリットです。移動時やベン チにいる時はいいですが、練習やウォーミングアップには向きません。

セカンドコート

そのグランドコートを改良したのが、セカンドコートです。保温性はグランドコー トに劣りますが、その分価格が抑えられています。また、着たままで練習やウォー ミングアップができます。グランドコートと比べてシルエットも細身になってい て、裏起毛ではなくつるつるとした素材が使用されているので、動いた時の引っ掛 かりが無いからです。

ピステ

ピステと呼ばれるアウターは、ウィンドブレーカーに近いです。ただ、プルオー バータイプとなっていて、ファスナーの無いものになります。 保温性は高くありませんが、練習やウォーミングアップの時に着用できます。寒い 冬はこれ1枚では過ごせませんが、秋口や春先では重宝されます。 アウターというよりはレイヤーという性格が強いです。

フリースジャケット

フリースジャケットは、文字通りフリース素材を使用したアウターです。軽くて暖 かいので、移動時や練習時にも使用できます。コートなどに比べて気軽に洗濯がで きるのも大きなメリットです。価格帯も抑えられているので、手にしやすいです。 フリース生地はちょっと引っ掛かりがありますので、それを抑えたタイプのものも 出てきています。

グランドコートの素材

基本的に使われている素材は、ポリエステルやナイロンが多いです。ブライトサテ ンや起毛トリコットと表示されている事もありますが、それらの素材はポリエステ ルです。 また、中綿を入れてあるものもあります。

まとめ

野球における防寒着はいくつかありますが、中でもグランドコートの保温性は高い です。 アウターには冷たい風を遮り、多少の雨なら弾く撥水性もあります。身体を冷やす 事は怪我やパフォーマンスの低下に繋がります。適したアウターを使用し、怪我無 く野球をプレイしましょう。 スクリーン リーダーのサポートを切り替える