コスパ重視で選ぶグランドコート

オーダーメイドしてグランドコートの大きいサイズを手に入れよう

オーダーメイドしてグランドコートの大きいサイズを手に入れよう

野球チームを結成した時に、ユニフォームやグランドコートといったウェアをお揃いで揃えるチームは多いです。しかし実際にウェアをオーダーする時に困るのが、サイズの問題です。チームメイトが全員標準体型なら問題ありませんが、身体の大きな人がいる場合は既製品ではサイズが合わない時があるため、そんな時はオーダーメイドすることがおすすめです。

オーダーメイドするメリットとは

野球など集団でスポーツを行う時に、大切なのはチームの結束力となります。仲間意識を持つことでチームの士気も上がり、パフォーマンス向上にも繋がります。そんなチームの結束力を高める一つの方法に、お揃いのユニフォームを作ることが挙げられます。世界でたった一つのウェアを着ることで、仲間意識と結束力がより強くなるのです。

ともチさん(@tomochi0917)がシェアした投稿

オーダーメイドする時に大切なポイントとは

グランドコートをオーダーメイドする上で大切なのは、機能性を十分見極めることです。夏はたくさん汗をかくため、吸水性や通気性に優れたものを選びましょう。反対に冬はウィンドブレーカーのように風を通さないものが良いでしょう。また、洗濯のしやすさも見落としがちですが、重要なポイントとなります。

採寸はしっかりと行いましょう

せっかくオーダーメイドするのであれば採寸はしっかりと行い、きちんと身体にフィットしたものにしましょう。ちょっと大きめがいいかな、と思いがちですが、そこは採寸通り身体に合うものの方が、動きやすく通気性や保温性が失われずにすみます。

予算内でオーダーメイドするためのコツとは

グランドコートをオーダーメイドするとなると、意外と高額になってしまうことがあります。ちょっとでも安くオーダーしたいと思っている方は、刺繍部分にこだわるといいでしょう。 刺繍の出来栄えによって金額は大きく変わってくるため、刺繍にこだわりがない方は安い業者を探すことをおすすめします。しかしあまり安すぎる業者にオーダーすると、すぐに字体が崩れてしまったり、刺繍がほどけてしまったりすることもあるため注意が必要です。

まとめ

チームの結束力を挙げるために、お揃いのユニフォームをオーダーメイドで作ることはとても有効です。オーダーメイドだと高額になると心配ですが、あまり安い物をオーダーしてしまうと、機能性が悪くなったり、刺繍の出来栄えや見栄えが気になったり、買い直しが必要になるケースもあるため、いくつかの業者をしっかりと比較することが大切です。