コスパ重視で選ぶグランドコート

グランドコートのおすすめポイントを教えます。

グランドコートのおすすめポイントを教えます。

グランドコートは、外で行なうスポーツなどで防寒対策に着るものです。見学しているときや休憩中など、汗をかいた後でもグランドコートを着ておけば寒さ対策ができるので体調を崩すことが無いです。そんなグランドコートですがおすすめポイントがたくさんあります。様々な視点からグランドコートのおすすめを紹介していきます。

おすすめの失敗しないグランドコートの選び方

グランドコートの金額は安いものでも8,000円ほど、素材やコートの中身によっては20,000円近くする場合もあります。けっして、安い買い物ではないグランドコートですので絶対に失敗だけはしたくないと考える人ばかりです。

おすすめのグランドコートは、丈が長いものです。グランドコートというのは、基本的に防寒対策を目的としたものですので寒さをしのげなければその価値は無いといっても過言ではないです。つまり、丈が短く腰くらいまでしかないダウンジャケットのようなものだと、あまり意味がありません。

例えば小学生の低学年くらいの子が持つならば、それでも良いかもしれませんがそれ以上年齢が上の子であるならやはり長いグランドコートをおすすめします。膝くらいあるもの、女性であれば足首近くまである長さのグランドコートがおすすめです。また密着性が高い、素材のグランドコートもおすすめと言えます。

丈が長いのと同様に、密着性が高いほうが防寒になります。すかすかのボアですと隙間から風が入ってきてちっとも暖かくありません。しっかりと試着をして自分の身体のサイズに合ったものを選ぶと良いです。

グランドコートのおすすめ素材

グランドコートは防寒着なので当然、外で活用することがほとんどです。外で使うということは汚れることが多いということです。汚れたら洗うわけですが、通常の服と違い値段がかなり高いグランドコートは何枚も購入することは基本的にはありません。

ですので、汚れてもサッと家庭で洗える素材のものが重宝します。汚れたときにすぐに、洗濯できれば次の日にもまた着ることができるからです。素材が中綿のものは手洗いになりますが、自宅で洗うことができます。

ボアやフリース素材風通しはよくなってしまいますが洗濯のことを考えるなら、そういった素材もおすすめと言えます。ダウンは保温性が高く防寒対策としては最適ですが汚れたらクリーニングが妥当になってしまうので経済的に厳しいところもあります。

グランドコートのおすすめ洗い方

いざグランドコートを購入したはいいが、洗い方が分からないと汚れたときに困ってしまいます。ですので、自宅で選洗濯ができる素材のグランドコートがおすすめと言えます。内側がダウンはクリーニングが高くつきますがその分ものが良く長持ちします。

洗濯をこまめにしたいと考える人には多少、防寒力が落ちてもダウンではない他の素材でいくことをおすすめします。

グランドコートのまとめ

グランドコートは防寒性に、優れたものがおすすめではありますが防寒性よりも洗濯が家庭でできるなど実用性で選ばれているものもあります。自分の生活スタイルに合った、グランドコートを後悔しないようにしっかりとリサーチして購入しましょう。